計算論的神経解剖学からアプローチするBMIリハビリテーション(パネルディスカッション「工学と脳神経科学との接点」) Considering BMI rehabilitation techniques based on computational neuroanatomy of motor control

この論文をさがす

著者

抄録

我々が脳を研究する目的のうちの一つは脳機能の回復と改善へ貢献することである.これを実現するためには脳科学はPure Science にとどまらず,Engineering Science へと展開する必要がある.もしも脳の各部位の計算機構を工学的な枠組みを用いて記述し,それぞれの計算機構に含まれる各パラメータの変更に対して運動の変化を予測することができれば,脳の各領域の病変が運動障害・失調を引き起こすメカニズムを理解することができる.さらに,BMIやニューロフィードバックによって脳の各領域の状態に変更を導くことにより,モデルから予測される運動の変化(改善および回復)を予測的に制御することができる.このようなアプローチは,例えばリハビリテーションのような実用に留まらず,脳の計算機構の理解と検証にとって有用である.これを通じ,脳科学を新たに"制御を通じた脳理解"の段階へ進めることが期待される.

What people expect for brain science is contribution for functional development and recovery. Just a collection of individual reports of disconnected data alone can't achieve this goal. Rather, brain since is required to be expand its boundary including areas of engineering science beyond pure science. To this end, we would use tools and languages used in the field of engineering in order to model computational mechanism of each area in the brain, which enables us to predict how the behaviors would be changed by the modulated parameters embedded in each computational process of the corresponding brain region. We call this approach as "computational neuroanatomy of motor control" and potentially being useful to understand how lesions might cause motor impairments and ataxia. If we can modulate parameters in these computational mechanism using techniques in brain machine interface(BMI) as well as neurofeedback, we might be able to predict how these modulation leads to improve and recover brain functions.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング

    電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング 112(345), 43-44, 2012-12-05

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009667386
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091178
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ