テキストチャットによるペアプログラミング学習システム:学習者同士のインタラクションに着目した検討 Pair programming system based on text chat: A preliminary study on learner-learner interaction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐々木 孝輔 Kosuke Sasaki
    • 筑波大学情報学群情報メディア創成学類 College of Media Arts, Science and Technology, School of informatics, University of Tsukuba
    • 林 勇吾 Yugo Hayashi
    • 筑波大学図書館情報メディア系 Faculty of Library, Information and Media Science, University of Tsukuba
    • 井上 智雄 Tomoo Inoue
    • 筑波大学図書館情報メディア系 Faculty of Library, Information and Media Science, University of Tsukuba

抄録

プログラミング学習手法の 1 つに,コーディングを行う Driver と,Driver に対してアドバイス等を行う Navigator の役割に分かれて作業を進めるペアプログラミングがある.このペアプログラミングにおける学習者の行動および会話と,学習の成否については関係性があることが報告されている.本研究では分散同期環境を想定した,テキストチャットを用いるペアプログラミング支援システムを開発するため,音声対話における行動および会話と学習の成否についての関係性がテキスト対話においても認められるかを検証する実験を行った.その結果,Driver が課題において発生するエラーを解決するために要する時間が長くなるほど,2 者のテキスト対話後における Driver のコーディング動作の頻度,および両者によるチャットの頻度が減少することが判明した.また本研究では,この結果を生かしたシステム開発の指針についても言及する.

収録刊行物

  • 研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN)

    研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN) 2014-GN-91(53), 1-8, 2014-03-06

    一般社団法人情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009676868
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1155524X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ