i文鎮: 書くことを楽しくする文鎮 iBunchin: The Paperweight Makes Your Handwriting Fun!

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,人が筆記を行うときに 「トメ」 「ハネ」 「ハライ」 の終筆動作がなされたことを筆記音からリアルタイムに識別し,それぞれの終筆動作に対応した効果音を再生する文鎮型デバイス 「i 文鎮」 を提案する.筆記とほぼ同時に効果音を鳴らすことで,手書きによる筆記を楽しくする.手書きによる履歴書の記入や,漢字の書き取り練習のように,大量の文字を手書きするときの苦痛を軽減する効果が期待できる.また終筆動作の識別性能について評価実験を行い,高い割合で正しく識別できることを確認した.

We propose the paperweight-like device "iBunchin". When you take a note, iBunchin identifies which the end of a brush-stroke ("stop", "hook" or "fade") performed in real-time, and play the sound effect corresponding to each end of a brush-stroke. By using the sound effect is heard almost simultaneously with the writing, it made writing by hand fun. It is expected that reducing the pain when you write a large number of characters, for example, filling out a resume by hand, or practicing dictation of Chinese characters. We confirmed that iBunchin can identify the end of brush-strokes correctly at a high rate through the efficiency evaluation.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告. EC, エンタテインメントコンピューティング

    情報処理学会研究報告. EC, エンタテインメントコンピューティング 2014-EC-31(60), 1-5, 2014-03-06

    一般社団法人情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009676955
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12049625
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ