生物多様性評価に向けた土地利用類型と「さとやま指数」でみた日本の国土  [in Japanese] Overview of land-use patterns in the Japanese Archipelago using biodiversity-conscious land-use classifications and a Satoyama index  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 吉岡 明良 Yoshioka Akira
    • 東京大学大学院農学生命科学研究科保全生態学研究室 Laboratory of Conservation Ecology, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo
    • 角谷 拓 Kadoya Taku
    • 国立環境研究所生物・生態系環境研究センター Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, National Institute for Environmental Studies
    • 鷲谷 いづみ Washitani Izumi
    • 東京大学大学院農学生命科学研究科保全生態学研究室 Laboratory of Conservation Ecology, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo

Abstract

里地里山(以下、「さとやま」)は、我が国の生物多様性の保全と多様な生態系サービスの持続可能な利用にとって重要な空間である。その保全・再生に関わる政策の立案・モニタリング・評価のためには、さとやまの特性を土地利用面から抽出して地図化できる指標の開発が求められている。本研究では50mメッシュの高解像度土地利用データを用いて国土の土地利用を「原生的土地利用」、「農業-さとやま的土地利用」、「人工林」、「都市的土地利用」に類型化した。さらに、農業-さとやま的土地利用内において、農業的土地利用の比率で重みづけた6km四方の土地利用の多様度として「改良さとやま指数M-SI(以下さとやま指数)」を地図化し、さとやまの視点からの国土の特性を概観した。その上で、各都道府県、既存の国立・国定公園、および世界自然遺産地域ならびにその候補地が、さとやま的土地利用をどの程度含んでいるかを集計した。その結果、国土面積の6割が農業-さとやま的土地利用類型に分類された。さとやま指数は広島県や岡山県などの中国山地で特に高い傾向が認められた。一方、紀伊半島、四国、九州の、その植物相が襲速紀要素で特徴づけられる地域は人工林によって占められる率が高いことが示された。また、国立・国定公園は、原生的土地利用カテゴリーの土地の相当部分を含んでいるのみならず、国土に占める面積比率から期待されるよりも有意に高い比率でさとやま指数が特に高い(0.5以上)土地を含んでいることが示された。一方、三陸復興国立公園への再編成が検討されている地域の国立・国定公園は概して人工林の比率が高いことが示された。既存の世界自然遺産地域は、小笠原諸島を除いてさとやま指数の高い土地の面積比率は低かった。一方、琉球諸島とともに世界自然遺産の候補地の暫定リストに掲載される奄美群島、特に奄美大島にはさとやま指数が高い土地が広がっていることが示された。土地利用類型とさとやま指数からみる限り、国立公園はさとやまの保全に重要な役割を果たす可能性があることが示された。今後、自然公園の管理において、さとやまを意識した保全管理が実践されれば、国土のさとやまの生物多様性保全に広く寄与しうるだろう。

To overview Satoyama biodiversity in Japan, we classified and mapped national land use into the categories "wilderness land use," "rural land use," "plantation," and "urban land use" using a high-resolution (50-m grid) land-use map. We also mapped the modified Satoyama index (M-SI), defined as the Simpson's diversity index of land-use types within a 6-km square weighted by the proportion of agricultural land use, for every rural land-use cell. National and quasi-national parks were shown to include not only higher proportions of wilderness land-use cells than areas outside parks but also significantly more rural land-use cells with high M-SI (≥0.5) than expected. However, parks along the Sanriku shoreline, which were affected by the Tohoku catastrophe and are planned for inclusion in national parks, were shown to be occupied by high numbers of plantations. Current world natural heritage sites in Japan, except for the Ogasawara Islands, were shown to include relatively few rural land-use cells, although cells with high M-SI were widely distributed in the Amami Islands, one of the candidate areas for new world natural heritage sites. From these results, we concluded that Satoyama conservation management in national parks can contribute greatly to biodiversity conservation in Japan.

Journal

  • Japanese Journal of Conservation Ecology

    Japanese Journal of Conservation Ecology 18(2), 141-156, 2013

    The Ecological Society of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009687167
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11857952
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1342-4327
  • NDL Article ID
    026090608
  • NDL Call No.
    Z18-B498
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top