社会的包摂戦略としてのワークフェアの限界と参加所得 The Limits of Workfare as a Social Inclusion Strategy and Participation Income

この論文をさがす

著者

抄録

社会的排除という言葉が使われ始めて久しいが,この社会的排除への取り組みに関する言説をLevitas[2005]は三つに類型化した。現実の社会的包摂戦略はこのなかでも「仕事」を契機として排除された者を統合しようとする言説をその基礎としている。ヨーロッパにおけるワークフェア戦略がまさにそれである。宮本[2006 ; 2009]はワークフェアとアクティベーションを区別し,後者を肯定的に評価している。確かにそれは,実存する社会的包摂戦略のなかではモデルとされるべきものである。しかし,本稿ではこのアクテイベーションの限界を批判的に検討しその連続性において,Lister[2004=2011]が紹介している「社会的包摂ではなく社会参加を」という要求に沿った新たな戦略への結節点を模索する。その際に新たな道の一つとしてAtkinson[1995=2011 ; 1998]の提案する「参加所得」を挙げ,これが必ずしもベーシック・インカムの妥協ではなく,包摂戦略の積極的代替案であることに触れていく。

The word "social exclusion" has been used for many years. Levitas [2005] has set forth three statements classifying the types of policies utilized to resolve social exclusion. The actual social inclusion strategy makes unifying those excluded from "work" its foundation. It is typified by workfare strategies in Europe. Taro Miyamoto [2006 ; 2009] distinguishes workfare and activation, and argues for the superiority of the latter. Surely it should be prioritized in an actual social inclusion strategy. However, this paper examines the limits of activation, taking a more critical view. I seek the possibility of introducing "not social inclusion but the social participation", a concept introduced by Lister [2004]. Further, I discuss the "participation income" which A. B. Atkinson [1995 ; 1998] proposes as a new approach, pointing out that this may not be a compromise of basic income but a positive alternative to a social inclusion strategy.

収録刊行物

  • 社会政策

    社会政策 5(1), 165-176, 2013-10-30

    社会政策学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009688520
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12356737
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    18831850
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ