NHK教育『できるかな』におけるナレーターの認識 Association of Narrator's Voices to Characters in TV Program "Dekirukana"

この論文をさがす

著者

抄録

『できるかな』は、NHK教育放送で21年に渡って放送された番組である。この番組には2つの映像が提示されていた。一人は男性主人公の「ノッポさん」であるが、彼は一言も話さなかった。もう一人は動物で、時々鳴き声をあげる「ゴン太くん」であった。一方、この番組には2つの音声が提示されていた。一つは「ゴン太くん」の声であり、もう一つは女性ナレーターの声である。主人公が話さない役であったため、この番組は子どもにとって音声と映像の統合が難しかった。190名の大学生の回想から、音声と映像を統合する過程に現れるつまづきを分析したところ、11.1%の学生が「ノッポさん」を女性と思ったことがあり、40.7%の学生が音声と映像の組み合わせをまちがった経験を持っていた。画面に現れないナレーターという人工的存在を認識するために、子どもは音声と映像の組み合わせを試行錯誤する経験と教育的支援が必要であることを論じた。

"Dekirukana" is an educational television program broadcasted in Japan by NHK for more than 21 years. In this program, there are two characters. One character is Noppo-san, the main male character, who never speaks. The other is Gonta-kun, a kind of animal who occasionally howls. On the other hand, there are two voices: Gonta-kun's and a female narrator's voice. As the main character doesn't speak, the children watching this program are often confused as to whose voice belongs to which character. 190 students were requested to recall how they matched the voices with the characters. We found that 11.1% of the students had taken Noppo-san as a female and 40.7% of them were confused by the relation of voices to characters. Children often find it difficult to associate voices to characters in TV programs, especially when some voices other than those of the characters, such as a narrator's play an important role in the program. We feel, thus, that children should be supported in this area. The development of exercises to educate children in TV programs voice/character association is considered necessary.

収録刊行物

  • 教育メディア研究

    教育メディア研究 2(1), 28-38, 1995-12-01

    日本教育メディア学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009691072
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11144471
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    13409352
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ