動画像形状検出処理における動的部分再構成による省電力効果の検討 (リコンフィギャラブルシステム) Effects of Power Saving by Dynamic Partial Reconfiguration in Video Shape Detection Processing

この論文をさがす

著者

    • 河本 尚輝 KAWAMOTO Naoki
    • 長崎大学大学院工学研究科 Department of Computer and Information Sciences Graduate School of Engineering Nagasaki University
    • 上田 晋寛 UEDA Kunihiro
    • 長崎大学大学院工学研究科 Department of Computer and Information Sciences Graduate School of Engineering Nagasaki University
    • 土肥 慶亮 [他] DOHI Keisuke
    • 長崎大学大学院工学研究科 Department of Computer and Information Sciences Graduate School of Engineering Nagasaki University
    • 小栗 清 OGURI Kiyoshi
    • 長崎大学大学院工学研究科 Department of Computer and Information Sciences Graduate School of Engineering Nagasaki University

抄録

FPGAには動的部分再構成(Dynamic Partial Reconfiguration)の機能を持つものがある。この機能を用いることで、大きなシステムでも動作環境や用途に合わせた無駄のない回路に書き換えることができ、ハードウェアの小規模化ならびに低消費電力化が実現できると期待されている。そこで、本稿では回路規模が大きくなる傾向のあるFPGAによる形状検出処理に関して、動的部分再構成を適用することで、どの程度の省電力効果が得られるのかを検討した。大きさの異なる2つの形状検出処理を同時に実装した場合と動的部分再構成を適用した場合と比較したところ、消費電力を約1%〜2%削減することができた。

Some of recent FPGAs have the functionality of dynamic partial reconfiguration. By using this functionality, it is expected that large circuit systems are reconfigured according to usage and operating environments, reducing the hardware amount as well as power consumption. In this paper, we investigate how much power saving can be obtained by applying dynamic partial reconfiguration, focusing on realtime shape detection processing in video images, which tends to require large circuit size. Our experimental results show 1-2%of measured power reduction, by comparing two configurations with and without dynamic partial reconfiguration.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(203), 73-78, 2012-09-18

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009698086
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12046591
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024004818
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ