オプティカルフロー計算の境界条件の性質 (情報論的学習理論と機械学習) The Properties of the Boundary Condition for Optical Flow Computation

この論文をさがす

著者

抄録

変分法に基づくオプティカルフロー計算は,オプティカルフローの条件から成る最小化問題の解として見かけの速度場を求める手法である.単純な画像列には,その動きを多義的に解釈できる場合が存在する.本論文では,動きの多義解釈について,変分法に基づくオプティカルフロー計算法の観点から考察し,オプティカルフローの条件式と境界条件を変えることによって動きの多義解釈が一部説明可能であること示す.数値実験では,各条件の元で計算されたオプティカルフローが多義解釈の一部に相当することを示している,本研究により,これまで心理実験によって説明されてきた動きの多義解釈を数理的に説明できることを示す.

Most of the methods to compute optical flows are variational-technique-based methods, which estimate appearance velocity fields by solving an energy minimization problem conposed of some conditions of the velocity fields. For simple images, sometimes the appearance motions of the images can be recognized ambiguously. In this paper, we discuss about the ambiguity of appearance motions form the viewpoint of the variational-technique-based method and show that the ambiguity is partially explicable by the theory of the method. Numerical experiments show that the optical flows computed under each condition correspond to the some of the ambiguity. From the results, we show that the theory of the variational-technique-based method can explain mathematically the ambiguities which have been represented by psycholigy experiments in the past.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(198), 157-162, 2012-09-02

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009698121
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12482480
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024005449
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ