遠隔ユーザと同室コミュニケーションを可能にするBeing Here System (マルチメディア・仮想環境基礎) A video communication system achieving pseudo same-room communication with a remote user : Being Here System

この論文をさがす

著者

抄録

本論文では,従来のビデオ会議と異なり,遠隔ユーザが同室にいるかのように感じられるビデオコミュニケーションシステムBeing Here System(BHS)を紹介する.ディスプレイに遠隔ユーザを映す際に,従来は遠隔地のカメラで取得した映像をそのまま用いていたが,BHSでは遠隔側において取得した映像から人物像だけをリアルタイムで抽出し,こちら側のディスプレイで隠れて見えない背景をリアルタイムでその背景として合わせて表示する.この仕組みによって,従来のビデオ会議システムと比べて,より高い同室感が得られることを確認した.

This paper presents a video communication system "Being Here System (BHS)" that provides a feeling of being in the same room with a remote user when conversing. Different from a conventional videoconferencing system that displays the raw image from the remote camera, BHS displays the image that is processed in realtime to match with the local site. It extracts the remote user's figure from the raw image. It also takes the image of the local site that is hidden by the display. Then it superimposes the user's figure over the image of the local site, and displays this composite image. We confirmed this method could provide more feeling of co-presence to the user from the experiment.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(221), 71-76, 2012-09-27

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009698157
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10476092
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024004814
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ