Reading-Life Logの実装(テーマセッション,文字・文書の認識と理解及びアルゴリズム・システム評価)

この論文をさがす

著者

抄録

日々目で見て読んでいる文字を自動的に認識舌上で記録できれば,極めて有用と考えられる.我々はこれをReading-Life Logと呼び,人間の行動履歴の検索等への応用を考えている.実現のためには,読んでいる箇所の画像と文字の認識技術が必要となる.本研究では,視界中央にある文字を読んでいる文字と仮定し,高解像度,高シャッタースピードのカメラを用い画像を取得する.そして,画像をOCRエンジンに入力し認識結果を得る.得られた認識結果は,フレーム間で独立しているため,一種の2次元DPマッチングによる認識結果の統合を行い,読んだ文字集合を得る.本稿では,以上のシステムで屋内,屋外などの様々な環境や条件下で実験を行い,Reading-Life Logシステムの検証を行った.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解

    電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解 112(495), 231-236, 2013-03-07

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009713444
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10541106
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ