五感情報を活用したウェアラブルユーザインタフェース(映像/音声サービスの品質,メディア品質,ネットワークの品質・QoS制御,次世代/新世代ネットワークアーキテクチャ,五感情報通信,一般) Wearable User Interfaces utilizing Information on Five Senses

この論文をさがす

著者

抄録

筆者らの研究グループでは多種の装着型センサを用いたシステムを多数開発してきた,特に,人間の五感を活用するための取り組みとして,音入出力デバイス,におい入出力デバイス,振動入出力デバイス,味入出力デバイス,光入出力デバイス等を作成し,ライフログシステムや電飾パフォーマンスに活用してきた.五感情報入出力を活用したアプリケーションとしては,ナビゲーションシステム,感情表現付チャットシステム,ジョギング入力,ダンス楽器,電飾ダンス,映像パフォーマンスシステム,会話支援システム,指での機器操作,歩行者情報の可視化システム,着ぐるみ装着者の支援システムなど数々の試みを行い,実践的に五感情報を活用できるシステムを構築してきた.さらには,五感情報提示のための基礎的実験として,装着型ディスプレイの視認性評価,音響情報への慣れを考慮した音声情報提示システムおよびその概念を一般化した主観的コンテキスト検出機構,生体情報提示システムにおける虚偽情報提示の効果測定,1青報提示システムにおけるプライミング効果の影響測定を行い,それらの成果に基づいた選択的情報提示機構およびその機構を実装したOSを提案した.本講演ではこれらの技術・事例の紹介を行う.

Our research group has established varisou systems using wearable sensors, Especially, we developed I/O control devices for five senses such as sound, scent, vibration, taste, light. These sensors are actually used in life-log systems and performance systems, such as navigation system, text input systems, foot-step input, dancing musical instruments, LED dance system, projector-based performance support system, conversation support system, fingure gesture recognition system, pedestrian bahavior visualizing system, and performaer support in stuffed suits. In addition, we investigated the characteristics of informa-tion presentation utilizing five senses, such as evaluation on visibility of head mounted displays, evaluation on sound recognition, subjectivity-based context recognition, evaluation on effect of presenting false informa-tion, and evaluation on priming effect. By integrating these evaluation researches, we propose an operating system for wearable computing with selective information output function. In this talk, we introduce these techniques and systems.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. CQ, コミュニケーションクオリティ

    電子情報通信学会技術研究報告. CQ, コミュニケーションクオリティ 112(414), 45-46, 2013-01-18

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009727361
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1054106X
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ