鈍感粒子群最適化法とその周期点探索への応用 (非線形問題) Insensitive Particle Swarm Optimizers and Application to Exploring Periodic Points

この論文をさがす

著者

    • 丸山 一紀 MARUYAMA Kazuki
    • 法政大学理工学部電気電子工学科 Faculty of Science and Engineering, Department of Electrical and Electronics Engineering, Hosei University
    • 斎藤 利通 SAITO Toshimichi
    • 法政大学理工学部電気電子工学科 Faculty of Science and Engineering, Department of Electrical and Electronics Engineering, Hosei University

抄録

本論文では複数解問題に対する粒子群最適化法について考察する。システムは決定論的な差分方程式に支配される。アルゴリズムは時間変化に伴い変化する、時変鈍感パラメータを持つ。これは複数解探索において有利に働く場合がある。アルゴリズムを従来のローカルベスト型のPSOと比較するために、ベンチマーク関数とHenon mapの周期点探索問題に適用し、その有効性を検討する。

This paper studies an insensitive particle swarm optimizer (IPSO) for multi-solution problems. The IPSO is governed by a deterministic difference equations without stochastic parameter and has a insensitive param-eter depending on time and fitness value. The insensitivity can prohibit unnecessary particles concentration and can give variety in the particles dynamics : that can be suitable for the multi-solution problems. In order to compare our algorithm with a fundamental local best PSO, applied to a basic benchmark and an exploring problem of periodic points in the Henon map and then examined the effectiveness.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(389), 87-91, 2013-01-24

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009727583
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10060800
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024261088
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ