フランスの在宅入院制度および在宅ケアシステムについて看護の観点から学ぶ〜(財)日本訪問看護振興財団「フランスの訪問看護事情視察」に参加して〜 Insight from the Viewpoint of Nursing the HAD in France and Home Care System〜Participate in " Inspection of the Home Care Activity of France "of 2010 Hosted by Japan Visiting Nursing Foundation〜

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 善生 まり子 Mariko Zensho
    • 埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科/ 北里大学大学院看護学研究科博士後期課程 Department of Nursing, School of Health and Social Service, Saitama Prefectural University/ Doctoral student, Graduate School of Nursing, Kitasato University

抄録

【目的・方法】今回、(財)日本訪問看護振興財団「フランスの訪問看護事情視察」に参加してフランスの在宅入院制度および在宅ケアシステムについて看護の観点から学ぶことができた。【結果・考察】視察によって、フランスの在宅入院 (HAD)、在宅看護ケアサービス (SSIAD)等の現状と課題が明確になった。特にHADは多職種チームを主軸にコーディネイト機能を発揮する機関であること、開業看護師の活動は、想像を遥かに超えて、患者へのケア数・内容を提供しており、小児から高齢者とあらゆる年代を対象とし、がん化学療法にも対応していることがわかった。一方、開業看護師の活動のモチベーションは、担当患者数によって高い報酬を得ることではなく、活動の自由さであったり、自己が厳しく評価されることが魅力的で、やりがいを感じている事であった。【結論】今回の視察結果を通して、看護の観点から、わが国の在宅医療推進・入院施設からの在宅移行期支援のあり方について、多くの示唆を得ることができた。

収録刊行物

  • 埼玉県立大学紀要

    埼玉県立大学紀要 13, 139-147, 2011

    埼玉県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009751915
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11480694
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13458582
  • NDL 記事登録ID
    023834126
  • NDL 請求記号
    Z71-E365
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ