ネット炎上の発生過程と収束過程に関する一考察~不具合に対する嫌がらせと決着による収束~ Consideration concerning generation and settling process of flamewar

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

インターネット上のコミュニケーショントラブルのうちネットを経由したいじめ・嫌がらせといったいわゆるネット炎上に関して、先行研究から発生過程から収束過程を整理し、具体的な事例を対象に原因と対応方法について不具合に対する決着をつける行動であるという観点から考察する。The settling process is arranged from the generation process, and a so-called net blazing up of bullying and annoying via the net of the communications troubles in the Internet is considered from the previous work about the cause and the correspondence method for a concrete case.

The settling process is arranged from the generation process, and a so-called net blazing up of bullying and annoying via the net of the communications troubles in the Internet is considered from the previous work about the cause and the correspondence method for a concrete case.

収録刊行物

  • 研究報告電子化知的財産・社会基盤(EIP)

    研究報告電子化知的財産・社会基盤(EIP) 2012-EIP-57(6), 1-6, 2012-09-06

    一般社団法人情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009753225
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11238429
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ