図書館サービスとオープンソースソフトウェア(<特集>オープンソースソフトウェア:OSS) Library service and open source software(<Special feature>Open source software)

この論文をさがす

著者

抄録

15年間にわたるオープンソース運動を振り返りながら,図書館サービスとの接点,オープンソースソフトウェアの利用事例を紹介する。図書館サービスにおけるオープンソースソフトウェアの例として,図書館管理システム,機関リポジトリ,次世代OPACといつた分野を取り上げ,国内及び海外の事例を紹介する。近年の図書館サービスの文脈におけるオープンソースソフトウェアの課題として,クラウドコンピューティングの進展やオープンデータ,人材育成などの観点から考察し,今後の課題を述べる。

Open source movement has been advocated for fifteen years. This paper reviews connections between open source movement and library services. Adoption of open source software (OSS) in library is illustrated with an example of integrated library system, institutional repository and discovery interface. This paper concludes the discussion with several issues around OSS and library, such as cloud environment and open data.

収録刊行物

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009767460
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    09133801
  • NDL 記事登録ID
    025171976
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ