水中音響通信の研究のための廉価かつ柔軟な実験システムの構築 (情報ネットワーク) Construction of Low-Cost and Flexible Experimental System for the Study of Underwater Acoustic Communication

この論文をさがす

著者

    • 邑橋 一輝 MURAHASHI Kazuki
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo
    • 浅見 徹 ASAMI Tohru
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo

抄録

GNU Radioに代表されるソフトウェア無線により,無線の物理層の研究をハードウェア開発から解き放ち,ソフトウェアベースでアイデアを具現化できるようになった.本稿は,電磁波を対象にすることが多かったソフトウェア無線を水中音響通信に応用する際の構築方法について紹介する.水中音響通信に関する資料は少なく,水中音響トランスデューサ等高価であること,これまで専用のハードウェアで研究することが一般的であったことから,日本では,この分野の研究に対するハードルは高かった.本稿は消費者向けに販売されている水中マイクを送受信器両方に使用し,廉価かつ簡易な水中音響通信テストベットの構築法を示す.水中音響通信の中心周波数は数10kHzとマイクロ波に比べて千分の1から10万分1程度と低いため,ソフトウェアベースで複雑な信号処理を行うことができる.

SDR (software de ned radio) has let radio research developments of physical layer free from hardware, and made it possible to design and implement our ideas by software. This paper introduces how to build an underwater acoustic communication system using SDR, which has been often applied to the elec- tromagnetic wave. It is difficult for new researchers to join this area since there are few articles published in Japan about underwater acoustic communication and researches have been done by dedicated hardware equipment with expensive underwater acoustic transducers. This paper shows how to construct a simple and inexpensive test bed for underwater acoustic communication using commercially available hydrophones as acoustic transducers. Since the center frequency of underwater acoustic communication is usually about the order of 10kHz, which is low as from one thousandth to one hundred-thousandth of that of micro-wave systems, more complicated signal processing can be easily introduced.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(36), 71-76, 2013-05-16

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009768580
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013072
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024584783
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ