粒子群最適化法の参照位置による解探索性能の変化 (非線形問題) Solution Search Performance by Refer to Position of the Particle Swarm Optimization

この論文をさがす

著者

抄録

粒子群最適化法(PSO)における,粒子の移動速度と解探索方向は,その粒子が過去に得た最良位置,粒子の群れが持つ最良位置,それぞれの位置を参照することによって決定される.この様な,従来のPSOでは群れが,ある位置に収束し,速度が得られなくなると解探索が停滞する.そこで,解探索の停滞時に最良位置だけではなく,最悪値を参照することで,粒子を加速することによって解探索性能を向上させる手法を提案する.

Movement of particles and the determination of the solution search direction in the particle swarm optimization(PSO) are made by the best position and the best position of all the particles of a swarm which the particle itself obtained in the past. In the conventional PSO, if the swarm of particles converges on a certain position, the velocity will not be obtained. Therefore, search of the solution stagnates. When search of solution has stagnated, the method of accelerating particles and improving solution search performance by referring to not only the best position but the worst position, is proposed.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 113(15), 25-28, 2013-04-25

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009768961
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10060800
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024467820
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ