付箋メタファに基づくプレゼンテーション設計インタフェースの検討

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 野口杏奈
    • 筑波大学大学院システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻 Department of Computer Science, Graduate School of Systems and Information Engineering, University of Tsukuba
    • 志築文太郎
    • 筑波大学システム情報系 Faculty of Engineering, Information and Systems, University of Tsukuba
    • 田中二郎
    • 筑波大学システム情報系 Faculty of Engineering, Information and Systems, University of Tsukuba

抄録

タブレット PC にて動作するプレゼンテーション設計インタフェースを示す。本インタフェースは付箋をスライドに見立てた 「付箋メタファ」 に基づく。付箋メタファにて用いられる仮想的な付箋を付箋オブジェクトと呼ぶ。本インタフェースにおいて、発表者は付箋オブジェクト、および付箋オブジェクトを配置するためのキャンバスを用いてプレゼンテーションを設計する。付箋オブジェクトには手書きによる書き込みが行え、さらにタッチジェスチャによって書き込みをまとめる、分割する等の操作を容易に行える。なお、これらの書き込みは対応するスライドへと反映される。また、発表者はキャンバスにて、付箋オブジェクトを自由に配置し、さらにプレゼンテーションにおけるスライド順を指定することが可能である。これらの機能によって、本インタフェースは個々のスライドの設計及びスライド順の設計を含むプレゼンテーション設計を支援する。

収録刊行物

  • 研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)

    研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI) 2014-HCI-158(6), 1-8, 2014-05-15

    一般社団法人情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009771636
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1221543X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ