超多チャネル無線脳マシンインタフェースのための超広帯域信号による体内・体外間無線伝送 (ワイドバンドシステム) Ultra wideband communications for wireless brain-machine interface with an ultra multi-channel neural recording system

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では、脳表面に電極を留置する皮質脳波計測に基づく脳マシンインタフェースに適用可能な超広帯域無線を利用したワイヤレス伝送技術を提案する。超広帯域無線を利用した伝送特性を実験的に評価するため、8GHz帯における人体の電気定数を模擬する液体ファントム、ならびに超広帯域無線を利用した送受信機系を開発した。液体ファントムを利用した実験の結果、埋め込み深さ20mにおいて、そのビット誤り率は10^<-4>以下を達成できることを示した。また、埋め込み深さに対する体外装置における受信信号電カモデルを構築し、そのモデルを利用した上位ビット保護型伝送方式を提案する。

This paper presents a wireless data transmission technology using ultra wideband signals in order to realize ultra multi-channel neural recoding system for brain-machine interface (BMI). A testbed has been constructed, which consists of a liquid phantom has electrical constants equivalent to tissues and transceivers available into experiment with the liquid phantom. As a result, we have demonstrated that bit error ratio (BER) at distance of 20 mm between an implanted device and on-body antenna is 10^<-4> or less.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(117), 1-4, 2013-07-09

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009777861
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11840009
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024745141
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ