Malbolgeのワード長の拡大とそのプログラミング支援ツール (ソフトウェアサイエンス) Malbolge with 20trits word length and its programming

この論文をさがす

著者

抄録

Malbolgeは最も難解なプログラミング言語として知られている.近年,Malbolgeのための中間言語として低級アセンブリ言語が設計され,そのプログラムからMalbolgeプログラムを生成する低級アセンブラが構築された.しかし,低級アセンブリ言語を用いてプログラミングを行う際,メモリ不足という事態が度々発生していた.例えば,低級アセンブラを利用した数値のインクリメントを行うMalbolgeプログラム生成は,それだけでメモリ空間59049ワードのうち10分の1も消費する.本稿では,この問題の解決のためにMalbolgeのワード長を10tritsから20tritsに拡大し,3^<20>ワードのメモリを持つMalbolge20を提案する.Malbolge20では,3^<20>ワードという膨大の量のメモリを扱うため,メモリの管理方法を大きく変更する.また,Malbolgeを対象としている低級アセンブラ及びMalbolgeデバッガをMalbolge20に対応させ,Malbolge20のプログラミング環境を整備する.

Malbolge is known to be one of the most esoteric programming languages. Recently a low-level assembly language (LA-language) has been designed as an intermediate language for Malbolge programming and a low-level assembler (LA-assembler) has been constructed that generates a Malbolge program from a low-level assembly program.We have a problem that the LA-assembler often fails because the size of generated Malbolge program exceeds the limit. For example, the size of an incrementation program produced by the LA-assembler is one-tenth of the allowed size. In order to solve this problem, this paper proposes a variant of Malbolge, named Malbolge20, whose word length is extended to 20trits from the original size 10trits.We enhanced the memory management by introducing cash mechanism. We modify the existing LA-assembler and debugger of Malbolge for Malbolge20 as a programming environment of Malbolge20.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(159), 73-78, 2013-07-25

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009778384
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013287
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024743528
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ