コンポジット共振器を用いた低損失マイクロストリップ帯域通過フィルタの試作評価 (マイクロ波) Experimental Evaluation of Low Loss Microstrip Bandpass Filter Using Composite Resonators

この論文をさがす

著者

抄録

2012年度学生マイクロ波回路設計試作コンテストにおいて,コンポジット共振器を用いた低損失な帯域通過フィルタ(BPF)を設計・試作したので報告する.コンポジット共振器は,従来広く用いられているチェビシェフBPFと同等の通過域に加えて,阻止域に複数の伝送零点を生成できるため,阻止帯域において十分な減衰量を実現しつつ低損失なフィルタを設計することが可能である.本稿ではまず,チェビシェフBPFとコンポジット共振器を用いたBPFについて,コンテストで与えられた仕様を満足するため比較検討を行い,低損失フィルタに要求される共振器段数,無負荷Q値や比帯域幅などを明らかにする.次に,コンテストの仕様を満たす2段コンポジット共振器BPFの設計,試作および測定を行っている.その結果,コンポジット共振器を用いてフィルタを構成することで,仕様の減衰量20dB以上を確保しつつ低損失特性を実現している.

This paper presents a low-loss bandpass filter (BPF) design using composite resonators and its experimental evaluation for Microwave Student Design Competition in 2012. Using composite resonators can generate transmission zeros at stopband in addition to an equiripple passband like a conventional Chebyshev BPF. To satisfy the specifications given in the Competition, frequency responses of both a conventional Chebyshev BPF and a composite resonator BPF are analyzed by circuit simulations. As a result, design criteria of the number of resonators, unloaded quality factor, and fractional bandwidth can be found to meet a low-loss filter specification. Based on the circuital investigations, we have designed and tested the second-order BPF using composite microstrip resonators. The fabricated filter realizes a lowest-loss passband characteristic in the Competition, as well as more than 20dB attenuation at the stopband.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(110), 21-24, 2013-06-27

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009778868
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013185
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024679403
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ