SVMによる2部ランキング学習を用いたコンピュータ将棋における評価関数の学習 Learning Evaluation Functions for Shogi Using SVM-Based Bipartite Ranking Learning

この論文をさがす

著者

    • 末廣 大貴 SUEHIRO Daiki
    • 九州大学大学院システム情報科学府 Graduate School/Faculty of Information Science and Electrical Engineering, Kyushu University
    • 畑埜 晃平 HATANO Kohei
    • 九州大学大学院システム情報科学府 Graduate School/Faculty of Information Science and Electrical Engineering, Kyushu University
    • 坂内 英夫 [他] BANNAI Hideo
    • 九州大学大学院システム情報科学府 Graduate School/Faculty of Information Science and Electrical Engineering, Kyushu University
    • 瀧本 英二 TAKIMOTO Eiji
    • 九州大学大学院システム情報科学府 Graduate School/Faculty of Information Science and Electrical Engineering, Kyushu University
    • 竹田 正幸 TAKEDA Masayuki
    • 九州大学大学院システム情報科学府 Graduate School/Faculty of Information Science and Electrical Engineering, Kyushu University

抄録

近年,将棋の評価関数の設計においては,機械学習を応用してパラメータの自動調整を行う手法が主流となっている.ただし,評価項目(特徴)は作成者の棋力,感覚に基づいて用意されることが多く,これまで,複数の駒同士の関係など,複雑な特徴が数多く考案されてきた.本研究では,明示的に用意する特徴としては局面を表す基本的で単純なもののみとし,多項式カーネルとサポートベクターマシン(SVM)を用いて評価関数の学習を行う手法を提案する.多項式カーネルを用いることにより,単項式で表現できる特徴間のn項関係を,全て高次の特徴として利用することができる.また,評価関数の学習問題を,合法手後の局面を順位づける2部ランキングの問題と捉え,SVMを用いて学習を行う手法(ランキングSVM法)を提案する.対局や棋譜との一致率を調べる実験結果,及び駒組みの観察等から,ランキングSVM法の有効性を示す.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems

    電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems 97(3), 593-600, 2014-03

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009804347
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12099634
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1880-4535
  • NDL 記事登録ID
    025312676
  • NDL 請求記号
    Z16-779
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ