学部ゼミナールの授業構成が学生の汎用的技能の成長実感に与える影響 The Effects of Lesson Structures in Undergraduate Seminars on Growth in Generic Skills

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は,教員によるゼミナールの授業構成が,学生の汎用的技能の成長実感に与える影響を検討することである.学部2,3,4年生向けのゼミナールを担当している教員に対しては,学生の特性把握,教育目標の設定,学習目標の設定,学習活動の設定,学生に対する指導を,そのゼミナールの受講学生に対しては,学習意欲と汎用的技能の成長実感を問う質問紙調査を実施した.マルチレベル共分散構造分析を用いてパスモデルを検討した結果,学習意欲の喚起を介して汎用的技能の成長実感を高めるゼミナールの授業構成について,以下のような示唆が得られた:(1)学生の心理的特性の把握をするほど,専門性の習得を目指している.(2)学生の状況的特性の把握をするほど,共同体としてのゼミナール運営を重視している.(3)その上で,教員および学生間での議論や課題遂行の支援を積極的に行っている.

The purpose of this study is to investigate the effects of lesson structures on growth in generic skills in undergraduate seminars for second, third, and fourth year students. In this study, we conducted a survey using two questionnaire forms. One is for teachers on the basis of five features: understanding learners' characteristics, setting educational goals, setting learning goals, performing learning activities, and teachers' instruction. The other is for students on the basis of two features: motivations for learning, and growth in generic skills. The results of multilevel covariance structure analysis indicate that the following three approaches influence growth in students' generic skills by generating motivation: (1) teachers who understand students' psychological attributes value their acquiring expertise through seminars; (2) teachers who understand students' circumstances emphasize providing seminars as a platform for interaction between them and students; and finally, (3) they actively introduce discussion and support for learning tasks.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 37(4), 419-433, 2014

    日本教育工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009807020
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    025358635
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ