HMD装着時における首によるジェスチャ認識 : 首可動域の特性(視聴覚技術,ヒューマンインタフェースおよび一般) Neck gesture recognition for head mounted display user : movable range of head turning

この論文をさがす

著者

抄録

本研究ではHMDのセンサフュージョンをそのまま利用し,普及しているコンテンツ開発環境であるUnity3Dにおける首の動きを利用したジェスチャ入力の認識方法を提案する.最も基本的な方法として,絶対的な回転角度によって「肯定」,「否定」,「疑問」の3つのジェスチャを認識する.

This article proposes a motion recognition method for Oculus Rift, which is currently the most popular head mounted display available, by using neck motion as non-verbal interaction. We use sensor-fusion, which is already equipped on the Oculus Rift, to detect user's neck motion. The method can define three gestures, namely, "agree," "disagree," and "make a question," by determining the constancy of the head turning angle.

収録刊行物

  • 映像情報メディア学会技術報告  

    映像情報メディア学会技術報告 38(10), 9-11, 2014-02-25 

    一般社団法人映像情報メディア学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009807451
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1059086X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    13426893
  • NDL 記事登録ID
    025383522
  • NDL 請求記号
    Z16-1010
  • データ提供元
    NDL 
ページトップへ