Web APIの過去・現在・未来 (特集 Web API活用術) The Past, Present and Future of Web API

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Web APIは情報サービスの,とりわけWeb上で提供されるサービスにおいて,縁の下の力持ちとして欠かせない位置を占めつつある。本稿ではWeb APIの提供と利用の両面から類型を示しながら,その歴史的な意義と機能を紹介する。学術情報分野を中心にWeb APIの提供事例とマッシュアップ事例を挙げるとともに,その利用目的やデータ形式,ライセンス,永続性といった点を取り上げて議論し,Web APIがもたらしている役割を解説する。

Web API has become essential role for information services, especially on the Web. Several categories of Web API are presented from the viewpoints of a provider and user as well as its functions and historical aspects. This paper demonstrates some examples from scholarly information fields, and discusses several issues such as objectives, data formats, licenses, and life cycles of Web APIs.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association

    情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association 64(5), 162-169, 2014

    情報科学技術協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009810692
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    025413697
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ