ゆとりある食事のための食事エージェントシステム A Dining Agent System for Comfortable Meal to a Solo Diner

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

人と食事を共に摂る共食には単独での食事と比べて様々な良い効果があることが知られている.しかし,生活リズムの多様化や1人暮らしなどのために共食は必ずしも容易ではない.そこで,本研究では共食のためのインタフェースエージェントシステムを提案する.食事行動をとるエージェントとそうでないエージェントを前にして食事をする実験を行った結果,食事エージェントによってユーザがよりゆったりと食事ができることが,主観的および客観的データにより明らかになった.また,実際に一緒に食事をしている印象も持つことが分かった.このことは,簡単な食事行動をとるエージェントでもユーザの食事に影響を及ぼし,食事を通じた健康の増進などに有効である可能性を示唆する.Co-dining is known to have better effects than solitary dining in various aspects including health. With diversified life styles in time and place, however, co-dining is not always easy today. Thus this research introduces an embodied agent system for co-dining, which acts as a diner with eating behavior. From the study that compared the proposed dining agent and the same agent without eating behavior, it was found that the user was more relaxed in dining from both objective and subjective data. The user also had the feeling of dining together with the dining agent, although the agent was very simple. This result suggests that even a simple dining agent affects user's dining and is possibly effective for maintaining health through dining.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌デジタルコンテンツ(DCON)

    情報処理学会論文誌デジタルコンテンツ(DCON) 2(2), 29-37, 2014-08-20

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009815594
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12628054
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Article
  • ISSN
    2187-8897
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ