損失を考慮した共振器並列形帯域通過フィルタの等価回路パラメータ抽出法 (マイクロ波) An Extraction Method of Equivalent-Circuit Parameters for Transversal Resonator Array Bandpass Filters Considering Loss Effects

この論文をさがす

著者

抄録

共振器並列形帯域通過フィルタの全ての等価回路パラメータ(共振モードごとの共振周波数,外部Q値,無負荷Q値及び入出力直接結合量)をフィルタの周波数特性(電磁界解析結果または測定結果)から抽出する手法を提案する.従来手法では,マイクロストリップ共振器のように無負荷Q値が50〜200程度と小さい場合には適用が困難であったり,低域通過-帯域通過周波数変換が必要なため無負荷Q値が近似値として評価されているなどの欠点があった.そこで本稿ではそれらの問題点を払拭すべく,フィルタの偶奇モード回路における入力アドミタンスの有理関数表現に着目し,Cauchy法によって等価回路パラメータを算出する手法を導入している.計算例として多モードフィルタの電磁界シミュレーション結果及び測定結果から等価回路パラメータを抽出し,本法の有効性を検証している.

This paper proposes a novel technique for extracting all the equivalent-circuit parameters of a transversal resonator array bandpass filter from simulated or measured frequency responses of a lossy physical filter model. The parameters are resonant frequencies and external Q factors of resonant modes, their unloaded Q factors, and a direct source/load coupling with its loss component. The formulation of the problem is based on the Cauchy method using a rational function expression of even- and odd-mode input admittances in a bandpass frequency domain, not lowpass-domain S-parameters used in conventional techniques. Thus, the proposed method can accurately extract unloaded Q factor of each resonant mode appearing in multi-mode filters, and also it can handle low unloaded Q factors of typically 50-200 in microstrip bandpass filters. The effectiveness of the proposed approach is verified by the applications to multi-mode filters.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(260), 125-130, 2013-10-24

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009821099
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013185
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025003909
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ