MongoDBにおけるデータの自動バランシング機能Auto-Shardingの優先度付きChunkによる性能改善 (リコンフィギャラブルシステム) The Improvement of Auto-Sharding in MongoDB with Priority-Chunk

この論文をさがす

著者

抄録

インターネットの急速な発展により,大量のデータを容易に管理することが可能なNoSQLが注目を集めている.しかしながら,NoSQLでは大量のデータを分散して管理するため,ノード間での負荷の偏り等の問題がある.既存のNoSQLの一つであるMongoDBではこの間題に対してAuto-Shardingと呼ばれるデータの自動バランシング機能によって解決している.本論文では,移動対象となるChunkをデータの操作頻度と各Chunkが担当するKey範囲の大きさから求める優先度により決定することで,より効率の良いデータ移動を実現する手法を提案し,その評価を行った.この手法により,各Shard間のデータ移動を効率良く行うことでShardingが発生する状況下におけるinsertの性能が向上することを示した.

With the rapid development of the Internet technology,distributed system is attracted attention.In particular,NoSQL database is widely used because of its highly simple processing performance.In this paper,We propose a method to implove the performance of Auto-Sharding in MongoDB.Auto-Sharding automatically divides and moves data into another machine for the load balancing loads among shards.Our proposal decides a target chunk for movement by using the priority calculated from the size of a chunk's key range and operation frequency.In the experiment,our proposal algorithm showed improvement of performance of insert under sharding.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(418), 55-60, 2014-01-28

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009821463
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12046591
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025277910
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ