OLSRにおけるノードの残余電力を考慮したMPRノード選択とMPRノード数の制限によるネットワークライフタイム延長手法 (知的環境とセンサネットワーク) Energy aware MPR selection with MPR triming for network lifetime extension based on OLSR

この論文をさがす

著者

抄録

モバイル通信端末の増加に伴い,インフラに依存せず端末間通信を行うアドホックネットワークの様々な分野への応用が期待されている.災害時など外部電源が確保できない状況においては,端末の電力消費を抑制し,通信可能時間を延長することが求められる.本研究では,無線アドホックネットワークの経路制御プロトコルであるOLSRのMPR選択部を改良した,電力消費を抑制して通信可能時間を延長するEL-MPR(Extend Lifetime MPR)を提案する.提案手法はMPR集合を選択する際に,平均残余電力の多いノード集合が選択されやすくするとともに,ノード数の小さいノード集合が選択されやすくする.こうすることにより,残余電力の少ないノードの生存時間を延長することが可能になり,MPRノード数がOLSRより小さくなるため,制御メッセージの転送数が削減される.その結果,単位時間あたりのノードの平均消費電力が削減され通信可能時間が延長する.提案手法のシミュレーション評価を行い,OLSRより通信可能時間が30%延長されることを確認した.

By increase of mobile terminals, ad-hoc network is expected to be applied in a wide field of applications. Reduction of energy consumption of terminals are essential to extend operating time when external power cannot be used as in a disaster. To make communication time longer we propose EL-MPR(Extend Lifetime MPR). Using the EL-MPR, a node selects smaller sets of MPRs with consideration of residual energy than OLSR. Flooding messages such as TC messages are decreased caused by reduction of MPR set of the EL-MPR. Thus, the EL-MPR can decrease energy consumption of mobile terminals. We implemented our proposed method and results of simulation experiments are shown that communication time of our proposed method is 30% longer than OLSR.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(399), 101-106, 2014-01-23

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009822085
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12618979
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025278962
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ