匂い空間のマルチスペクトルイメージング (MEとバイオサイバネティックス) Multispectral Imaging of Odor Space

この論文をさがす

著者

抄録

匂いは目に見えないが,危険信号として重要な情報を持つ.匂いは気体であるため,匂い情報として匂い物質の種類,濃度,空間分布が考えられる.本研究では匂い物質を可視化するために蛍光物質を混ぜたアガロースゲルフィルムを蛍光プローブとして用い,匂い情報を蛍光変化として取り出している.本稿では,蛍光物質を複数用いたマルチ蛍光プローブを用いてマルチスペクトルイメージングを行い,匂い物質の識別を行っている.また,混合匂いに対するマルチ蛍光プローブの反応は各匂い物質毎の各単一蛍光プローブの反応に分割できるため,混合匂いを含めた匂い濃度の空間分布を識別することができる.

Although the odor is invisibile, the odor have important informations as a danger signal. The odor information have the kind of odor material, density and spatial distribution, because the odor is vapor. In this study, with fluorescence probe as agarose gel film that mixed the fluorescence material, the odor information is extracted as fluorescence change. In this article, with multi fluorescence probe that mixed a number of fluorescence material, and with multispectral imaging, the discrimination of odor material is performed. This probe have ability that discriminates spatial distribution of odor density contained mixed odor, because the reaction of multi fluorescence probe is able to be divided the reaction of single fluorescence probe for each odor material.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(409), 53-56, 2014-01-24

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009822158
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025278659
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ