ネットワークフロー最適化手法に基づく細胞内粒子群の追跡 (パターン認識・メディア理解)

この論文をさがす

著者

抄録

蛍光顕微鏡により撮影されたノイズが多くてカラー情報もない細胞内動画像について,その細胞内を移動する粒状物質の追跡を試みる.同動画像中には類似形状の粒子が複数同時に存在し,それら粒子の追跡が困難である.本稿では,ネットワークフロー最適化問題の解法を用いて,複数経路を同時に大局的最適化する.この手法は,条件付き整数計画問題が線形計画問題に緩和できる特性を利用していることから高速に計算できる.本手法による実験結果を生物学的専門家と共同で作成したGround-Truthと比較しながら考察する.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(230), 41-46, 2013-10-03

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009824977
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10541106
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025004010
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ