アクセスタイミングを考慮したメモリページ転送順序スケジューリングによる仮想マシンライブマイグレーションの高速化 (VLSI設計技術) Improving the Performance of Virtual Machine Live Migration by Ordering Memory Page Transfer on Access Pattern

この論文をさがす

著者

抄録

IaaS型クラウドコンピューティングを用いたシステムを提供するデータセンタでは,仮想マシンの初期配置時には運用中に掛かる負荷を十分に予測できない.そのため,ライブマイグレーションを用いて仮想マシンの配置を動的に変更する研究が広く行われている.一般的な手法であるpre-copy型ライブマイグレーションでは,仮想マシンを停止させる前にメモリページの転送を行うことで停止期間中の転送量を削減する.しかし,仮想マシンが動作した状態でメモリページを転送するために,転送したメモリページが更新される可能性がある.その結果,メモリページの再送が行われ,データ転送量及び転送時間が増加するという問題が生じる.そこで本研究ではメモリアクセスタイミングを考慮したメモリページ転送順序スケジューリングにより,メモリページの再送回数を削減する手法を提案する.提案手法をQEMU/KVMに実装し評価を行った結果,メモリページ転送順序スケジューリングによる再送回数の削減を確認した.

Unexpected load imbalance at initial placement of virtual machines occur in datacenters providing IaaS Cloud Systems. Therefore, some studies have been done to relocate virtual machines using live migration. Pre-copy is typical live migration method reducing the amount of transferred data during the downtime by transferring memory pages beforehand. However, retransmissions occur for updates in this method. Therefore, this leads to an increase of the execution time of live migration. In this paper, we propose a method reducing retransmissions by ordering memory page transfer on access pattern. The experimental results showed the proposed method reduced the number of retransmissions.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(416), 61-66, 2014-01-28

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009825379
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013323
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025281388
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ