米国財務省内国歳入庁による図書館記録調査(1970年) : 図書館記録の秘密性との関わりを中心にして A Historical Study for Investigation on Library Records by Internal Revenue Service, U. S. Treasury Department (1970) : In Relation to the Confidentiality of Library Records

この論文をさがす

著者

抄録

本論文では,米国財務省内国歳入庁による図書館記録調査事件(1970年)を詳述する。内国歳入庁の調査官が複数の公立図書館を訪れ,図書請求票への調査を要請した。多くの図書館員はこの要請を拒絶したが,受け入れざるを得なくなったり,自発的に受け入れた図書館もあった。この調査にたいしてアメリカ図書館協会(ALA)は反対を表明し,さまざまな反対運動が起こった。連邦議会の上院議員からもこの調査にたいして疑念が出され,最終的に内国歳入庁は,図書館調査を停止し,繰り返さないとした。しかし,ある特定の場合には,図書館の記録を調査することが適切である場合もあるとしたのである。この調査をきっかけに,ALAは『図書館の権利宣言』の解説文『図書館記録の秘密性に関する方針』を採択した。ALAが図書館記録の秘密性について実質的な意味で保護するきっかけとなったのがこの事件である。

In this paper, the investigation on Library Records by Internal Revenue Service, U. S. Treasury Department(1970) will be described in detail. Investigators of Internal Revenue Service visited some public libraries, and requested investigation to library call slip. Many librarians rejected these requests,but some librarians were forced to accept it, or accepted it voluntarily. ALA adopted a policy against this investigation, and some movements that expressed against it occurred. A senator also expressed doubt about this investigation. Eventually, Internal Revenue Service announced to stop the investigation, and not repeat it. However, Internal Revenue Service also said, in certain special circumstances, it should be allowed to investigate library records. In the wake of this incident, ALA adopted "Policy on Confidentiality of Library Records," an interpretation of Library Bill of Rights. On the decision-making of ALA that determined to protect the confidentiality of library records in the real sense, this incident acted as a trigger.

収録刊行物

  • 日本図書館情報学会誌  

    日本図書館情報学会誌 60(2), 61-77, 2014-06-30 

    日本図書館情報学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009830215
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11333306
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    13448668
  • NDL 記事登録ID
    025563040
  • NDL 請求記号
    Z21-133
  • データ提供元
    NDL 
ページトップへ