岩手県内に栽培されている絶滅危惧植物アツモリソウCypripedium macranthos var. speciosumの遺伝的多様性および外来近縁種の混入 Genetic variation and contamination by related alien species of cultivated populations of Cypripedium macranthos var. speciosum in Iwate Prefecture

この論文をさがす

著者

    • 藤原 聖史 [他] Fujiwara Kiyofumi
    • 岩手県立大学総合政策学部:全国農業協同組合連合会岩手県本部 Faculty of Policy Studies, Iwate Prefectural University:Iwate Prefectural Headquarters National Federation of Agricultural Co-operative Associations
    • 兼子 伸吾 Kaneko Shingo
    • 福島大学大学院共生システム理工学研究科 Graduate School of Symbiotic Systems Science and Technology, Fukushima University

抄録

野生状態での存続が危ぶまれる水準にまで個体数が減少してしまった絶滅危惧植物において、栽培によって個体や系統を維持することは、その種の絶滅を回避する上で一定の意義がある。その一方で、近縁の外来種の混入による遺伝子汚染や種内の遺伝構造の攪乱等を生じる危険性があり、絶滅危惧植物の栽培集団の創出や維持管理については十分な注意が必要である。本研究では、岩手県内の各地に栽培されているアツモリソウの遺伝的多様性を把握するために、葉緑体DNAのtrnL-F遺伝子間領域および核DNAのITS領域の塩基配列について解析を行った。今回の解析により、遠野市においてアツモリソウとして栽培されていた集団内の1個体においては、葉緑体DNAおよび核DNAの双方において他個体のアツモリソウとは明確に異なる塩基配列が検出された。この塩基配列は、中国固有のC. yunnanenseかC. franchetiiもしくはC. calcicolaと同一もしくは類似しており、中国原産の外来種が混入していると推定された。当該集団における他の個体についても、網羅的に今回の研究と同様の解析を行い、他地域からの混入が疑われる個体を明らかにしたうえで、管理方針を検討、実施する必要がある。

Cypripedium macranthos Sw. var. speciosum (Rolfe) Koidz. (Orchidaceae) is a popular horticulture species that is threatened in the wild. The preservation of endangered plants in cultivation is important for maintaining the numbers of individuals and strains. However, there is a risk of genetic contamination or altering the historical genetic structure of the species. Therefore, the cultivation of endangered species requires careful management. To reveal the genetic variation in the cultivated population of C. macranthos var. speciosum in Iwate Prefecture, this study investigated the chloroplast trnL-F intergenic spacer and nuclear ribosomal internal transcribed spacer (ITS) sequences. This showed that one individual had a clearly different sequence from the others. This different sequence was identical to or very similar to those of the Chinese endemics C. yunnanense, C. franchetii, and C. calcicola. Therefore, this individual was suspected of not being a native Japanese species. Consequently, it is necessary to investigate the morphological and genetic characteristics of all of the other individuals in the population as soon as possible and develop a management plan based on the results.

収録刊行物

  • 保全生態学研究

    保全生態学研究 19(1), 95-102, 2014-05

    日本生態学会

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009832033
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11857952
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1342-4327
  • NDL 記事登録ID
    026089290
  • NDL 請求記号
    Z18-B498
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ