在宅看護にいかすエネルギーフィールドへのケア : ヒーリングタッチの効果(研究発表,第38回生命情報科学シンポジウム) Caring to Improve Patients' Energy Field in Community Nursing : Effects of Healing Touch Intervention(Research Paper,The 38th Symposium on Life Information Science)

この論文をさがす

著者

抄録

地域における看護ケアの一環として、補完代替療法であるヒーリングタッチを14名に実施した。Numerical Rating Scaleによって「身体」「感情」「思考」「スピリチュアリティ」をヒーリングの事前事後に測定した。「スピリチュアリティ」以外の3つの指標で統計的に有意なポジティブな向上がみられ、効果の一般性も大きく、どの分野でもマイナスへの変化は全く無かった。非侵襲的で効果的で副作用がなく経済的に実施できるという特徴を持つヒーリングタッチは、在宅看護ケアに有効な介入方法であることが示された。

Healing touch, as a complementary therapy, was provided to 14 patients as a nursing care method in a community setting. The comparison of pre- and post-test outcomes demonstrated statistically significant effects in three of the four domains: "physical," "emotional," and "thinking". The generality of effect was large. There were no negative effects. This healing touch treatment was non-invasive, effective, non-toxic, and economical. Healing touch has a strong potential as an effective and efficient intervention in the setting of community nursing care.

収録刊行物

  • Journal of International Society of Life Information Science  

    Journal of International Society of Life Information Science 32(2), 228-236, 2014-09-01 

    国際生命情報科学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009840860
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11451903
  • 本文言語コード
    ENG
  • ISSN
    13419226
  • データ提供元
ページトップへ