1403 金融機関システムにおける元号変更対応のコスト削減について(一般セッション) 1403 Cost cut in the financial institution system in corresponding to name of era change

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

将来的な元号の変更において,迅速かつ正確に対応する必要がある.しかし,金融間システムにおいて元号の取扱いは多岐にわたるとともに,そのシステム対応においては,膨大なコストと期間が必要となるケースがある.今回は,元号変更に係わるシステム対応の見積もりプロセスから,コスト削減及び,品質保証に向けた取り組みを報告する.

It is necessary to correspond quickly and accuracy in the prospective era name change. However, white the handling of a name of era is various in the financial system, there is case where huge cost time are needed for system correspondence. This report focuses on the estimation process of the system correspondence to era name change, and the measures taken for cost reduction and quality guarantee.

収録刊行物

  • プロジェクトマネジメント学会研究発表大会予稿集   [巻号一覧]

    プロジェクトマネジメント学会研究発表大会予稿集 2014(春季), 276-279, 2014-03-13  [この号の目次]

    プロジェクトマネジメント学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009841005
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12006054
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ