うつ病におけるω3系脂肪酸の役割(シンポジウム:精神栄養・行動医学 : 抑うつや不安の予防・治療における新しい可能性,2013年,第54回日本心身医学会総会ならびに学術講演会(横浜)) The Role of ω3 Polyunsaturated Fatty Acids on Depression(Symposium/Nutritional Psychiatry and Behavioral Medicine : New Possibilities for Prevention and Treatment for Depression and Anxiety)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ω3系多価不飽和脂肪酸(以下,ω3)は,1970年頃から心筋梗塞などの動脈硬化症に対する予防効果を期待され,さまざまな疫学調査や臨床試験が行われてきた.それ以降ω3に関する論文数は右肩上がりに増加しており(Fig.1),1980年頃より精神疾患に関する疫学調査が報告され,2000年頃から精神疾患患者を対象とした臨床試験が多く行われるようになってきた.これまでのメタ解析の結果をみると,精神疾患の中でも特にうつ病に効果がみられることが示唆されている.現在では日本での気分障害の患者は100万人を超えていると推測されており,ω3が栄養学的な観点から治療の一助になる可能性もある.本稿ではわれわれが得た知見を紹介するとともに,この分野に関する海外からの疫学調査や臨床試験の報告を紹介する.

The effects of ω3 polyunsaturated fatty acids (PUFAs) have been studied in clinical and epidemiological fields of atherosclerosis, such as acute myocardial infarction, since the 1970's. Since then, evidence of the effects of ω3 PUFAs in various fields has accumulated, and epidemiological studies and clinical trials of ω3 PUFAs in psychiatry were started in the 1980's and 2000's, respectively. To date, meta-analyses have suggested that ω3 PUFAs play a role in depression. At present, more than a million people in Japan have mood disorder, and ω3 PUFAs show promise as a complementary therapy for depression from a nutritional point of view. In this review, we introduce some epidemiological and clinical studies.

収録刊行物

  • 心身医学

    心身医学 54(9), 842-848, 2014

    一般社団法人 日本心身医学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009841119
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00121636
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0385-0307
  • NDL 記事登録ID
    025703904
  • NDL 請求記号
    Z19-26
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ