Nameトンネリングを用いた耐災害タイムラインサービスの情報伝達性能評価 (情報ネットワーク) Information Dissemination Performance of Name Tunneling basis Timeline Service at Disasters

この論文をさがす

著者

抄録

2011年3月11日の東日本大震災では,大規模な輻輳による障害が生じていた関東甲信越地方を中心に安否確認のためのツールとしてSocial Networking Service (SNS)が有効であったことが報告されている.我々は, LTE DirectによるProximity Communication上でNamed Data Networking (NDN)を用いたタイムラインサービスが携帯基地局のバックホール障害に有効であることを既に発表している.本稿では,より消費電力特性のよいシステムを提案し,被災地において本サービスを利用した場合の情報伝達性能についてシミュレーションにより示す.

Social Networking Service (SNS) was reported to be useful for safety confirmation in Kanto-Koshinetsu region at Great East Japan Earthquake. We presented the timeline service using Named Data Networking (NDN) over Proximity Communication like LTE Direct is effective even at backhaul failures. In this paper, we propose a more energy efficient implementation and its information dissemination performance in affected areas by simulations.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(473), 235-240, 2014-03-06

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009861213
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013072
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025416674
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ