マイコンへの選択的圧縮センシングの実装と電力測定 (情報ネットワーク) Implementation and Evaluation of Selective Compressed Sensing for Micro-Controller

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では橋梁の構造診断に固有振動数の変化を用いる点に着目し,通信回路の低消費電力化のための圧縮計算に高速Hadamard変換を用いる選択的圧縮センシングを提案し,解析データ数N,圧縮後データ数Mとした時の圧縮計算に必要なメモリサイズをN×MからN+4に低減し,安価でメモリの小さいマイコン上でも実装可能であることを示す.更に,圧縮操作を行って電力削減効果があるかどうかを見極めるために,圧縮計算と送信で消費される電力を計測したところ,M≦N(1-(45×10^<-3>)/114×log_2 N)を満たすならば,提案手法による消費電力削減効果があることが明らかになった.電力削減効果が圧縮率とほぼ正比例するため,フーリエ基底におけるスパース性が多少低くても,一定の周波数帯域が支配的な信号であれば,選択的圧縮センシングを適用することで消費電力を削減できる可能性が高いことが分かった.

Assuming the change in the eigenfrequency is used for the bridge structure diagnosis by wireless accelerometers, we have proposed selective compressed sensing for reducing transmitting power. Using fast hadamard transform for compression, we can reduce memory size for compression from N×M to N+4 and implement the method to sensors which have small memory, and efficiency of reducing power is nearly proportion to compression rate (M≦N(1-(45×10^<-3>)/114×log_2 N), where N is the number of samples and M the number of transmitted data.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(473), 315-320, 2014-03-06

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009861227
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013072
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025416971
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ