自動車エンジンルーム内における伝搬損失の測定結果に基づく電波伝搬特性の解析評価 (マイクロ波) Analytical Evaluation of Radiowave Propagation Properties Based on Measured Path Loss in Automotive Engine Compartment

この論文をさがす

著者

抄録

ワイヤレスハーネスとは,機器内部のセンサと制御ユニットの通信線(ハーネス)を無線通信で代替する新しい短距離ワイヤレス通信である.筆者らは自動車等の機器内の通信用ハーネスのワイヤレス化を目指して,これまで自動車エンジンルーム内における電波伝搬特性を測定してきた.本稿では,その2〜20GHzにわたる測定結果について,筆者らが提案している狭スペース向けの伝搬損失式を用いて,エンジンルーム内における伝搬損失の距離減衰特性ならびに周波数減衰特性を評価・モデル化している.その結果,まず統計学的評価によって伝搬損失の周波数特性の中央値変動は対数正規分布で,エンジンルーム内部のマルチパス伝搬はライス係数1.6dBの仲上-ライス分布でよく近似できることを明らかにしている.さらに,エンジンルーム内の伝搬損失は伝搬距離に対して1.2乗〜2乗,周波数に対しては0.5〜1.4乗に比例し,自由空間伝搬より周波数減衰が小さい伝搬環境であることを見出している.

A wireless harness is a new emerging short-range point-to-multipoint communication, enabling to the replacement of wire harness used in machines with wireless harness. For the realization of such a system in automobile engine compartments, we have carried out path-loss measurements inside them. This paper evaluates the path loss properties for propagation distance and frequency based on the measured results at 2-20 GHz, with our proposed path-loss modeling technique. As a result, it is elucidated by a statistical analysis that the median path loss and the multipath fading in the engine compartment follow a lognormal distribution and Nakagami-Rice one with Rice factor of 1.6 dB, respectively. In addition, we find that the path-loss exponent for the propagation distance is 1.2-2, and also that the path-loss exponent for the frequency is 0.5-1.4, showing that the in-engine propagation has lower attenuations for the frequency than a free-space propagation.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(460), 1-6, 2014-03-04

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009861768
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013185
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025409247
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ