デジタルサイネージとモバイル端末を併用した複数人向け情報提示システムの評価 (画像工学) Field Evaluation of an Information Display System using a Digital Signage and Mobile Devices for Multiuser Environments

この論文をさがす

著者

    • 宮田 章裕 MIYATA Akihiro
    • 日本電信電話株式会社NTTサービスエボリューション研究所 NTT Service Evolution Laboratories, NTT Corporation
    • 瀬古 俊一 SEKO Shunichi
    • 日本電信電話株式会社NTTサービスエボリューション研究所 NTT Service Evolution Laboratories, NTT Corporation
    • 橋本 遼 HASHIMOTO Ryo
    • 日本電信電話株式会社NTTサービスエボリューション研究所 NTT Service Evolution Laboratories, NTT Corporation
    • 石田 達郎 ISHIDA Tatsuro
    • 日本電信電話株式会社NTTサービスエボリューション研究所 NTT Service Evolution Laboratories, NTT Corporation
    • 井原 雅行 IHARA Masayuki
    • 日本電信電話株式会社NTTサービスエボリューション研究所 NTT Service Evolution Laboratories, NTT Corporation

抄録

デジタルサイネージ上に複数のコンテンツが表示されている状況において,複数人が同時に異なるコンテンツの詳細を閲覧可能な情報提示方式を提案し,実証実験の結果を報告する.既存のデジタルサイネージの中には,最初は複数のコンテンツを画面全体に表示しており,ユーザの要求に応じて1つのコンテンツの詳細を画面全体に表示するものがある.しかし,この方式では1つのコンテンツの詳細が画面を占有してしまうため,同時に1人のユーザの閲覧要求しか満たせない可能性がある.提案方式では,ユーザはモバイル端末を用いてデジタルサイネージ上で各自のポインタを操作でき,任意のコンテンツを選択すると対応するコンテンツの詳細を各自のモバイル端末上で閲覧できる.この方式により,複数ユーザが同時に任意のコンテンツの詳細を閲覧できる.また,デジタルサイネージ上のコンテンツに各ユーザのポインタが重畳表示されるため,多くのユーザの注目を集めているコンテンツを把握することもできる.熊本市の商店街で105名に対して災害時を想定して行った実証実験では,本システムが一般ユーザにも簡単に利用でき,高い受容性があることを確認した.

We propose a digital signage system by which multiple users can access to different contents at the same time, and report the results of the field evaluation. Some of existing digital signage systems display multiple contents in the beginning, then expand the detail of one content over the entire screen in response to requests from users. However, this method has the potential to fill only one user's need since details of one content occupy the entire screen. Our method enables several users to control her/his pointer to select a content on the digital signage screen and browse details of the content on the mobile device at once. This design also allows users to know which contents are watched by many of others. The field evaluation (105 subjects) at Kumamoto City proves that our system is easy-to-use and acceptable for general users.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(469), 7-12, 2014-03-06

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009861840
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013006
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025413609
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ