貼り付けるだけで家具をインテリジェント化するデバイスのサービスデザイン検討 (画像工学) Design of an Intelligent Furniture Service using a Sensor Embedded Device

この論文をさがす

著者

    • 宮田 章裕 MIYATA Akihiro
    • 日本電信電話株式会社NTTサービスエボリューション研究所 NTT Service Evolution Laboratories, NTT Corporation
    • 有賀 玲子 ARUGA Reiko
    • 日本電信電話株式会社NTTサービスエボリューション研究所 NTT Service Evolution Laboratories, NTT Corporation
    • 佐藤 隆 [他] SATO Takashi
    • 日本電信電話株式会社NTTサービスエボリューション研究所 NTT Service Evolution Laboratories, NTT Corporation
    • 井原 雅行 IHARA Masayuki
    • 日本電信電話株式会社NTTサービスエボリューション研究所 NTT Service Evolution Laboratories, NTT Corporation
    • 山田 智広 YAMADA Tomohiro
    • 日本電信電話株式会社NTTサービスエボリューション研究所 NTT Service Evolution Laboratories, NTT Corporation

抄録

日々の生活を観察すると,毎日繰り返される行動が非常に多いことに気付く.家庭内にいるユーザを支援する機能を実行するシステムを設計する際,これらの行動を機能実行のトリガとすることで,ユーザは現在の行動を変化させなくても機能実行のメリットを享受できると考えられる.しかし,既存技術でこれを実現するためには,デバイスの装着,家具・家の改造,ジェスチャの習得などを行わなければならなかった.本稿では,この問題を解決するために我々が提案している"貼り付けるだけで家具をインテリジェント化するデバイス"のコンセプトとシステムを紹介し,魅力あるサービスを実現するためのサービスデザインの基礎検討を行う.

Most people have their routine activities. In the case of designing a supporting system for in-home users, it is advisable that these routine activities are used as a trigger of executing a function so as to provide a benefit to users without changing their lifestyles. Unfortunately, most existing approaches demand that the user wear a device, modify pieces of furniture/house, or use special gestures. In this paper, we introduce the concept and system of "a device to be attached for making furniture intelligent" and discuss the desgin of a service.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(469), 139-144, 2014-03-06

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009861868
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013006
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025413843
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ