共食会話における姿勢の影響 : 立食と着座形式の発話行動の比較 (ヒューマンコミュニケーション基礎) Influence of posture in co-dining conversation : Comparison between stand-up and seated conversation over meal

この論文をさがす

著者

抄録

会話をするにはただ会話をするよりも食事がある方がよい面があることが知られている.会議の懇親会のように,初対面の者同士が会話を交わす機会が会食であることも多い.このような会食には立食形式と着座形式があるが,これらの間にどのような違いがあるのかは知られていない.そこで本研究では,これらの形式を実験的に設定し,その差異を検討した.実験の結果,立食形式の方が着座形式よりも,参加者の発話回数を増やす傾向にあり,相槌や笑い声といった同調行動量を増大させ,発話長を短くしてテンポ良い会話を生むことが分かった.

It is known that conversation over meal is better than the one without it. We often have a banquet when we socialize. We have two styles for such co-dining social activity; stand-up and seated. However we do not know if these styles matter for conversation. Therefore we have conducted an experimental study to investigate their differences. Findings are that the stand-up style 1) increases the number of utterances, 2) increases the number and total quantity of nods and laughs, 3) makes single utterance shorter, and 4) helps crisp and vibrant conversation as a result.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(462), 113-118, 2014-03-04

    一般社団法人電子情報通信学会

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009862486
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487226
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025409165
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ