バイオイメージインフォマティクスに関する諸検討(経過報告) (パターン認識・メディア理解)

この論文をさがす

著者

抄録

蛍光技術の発展と顕微鏡の高精度化に伴い,細胞やその内部における様々な生命現象がイメージングできるようになった.それらのイメージング結果はバイオイメージと呼ばれ,定性的または定量的な解析に利用されている.しかし,バイオイメージに対する定量解析法は確立されておらず,依然として生物学研究者の目視に依るところが大きい.このような状況から,本研究では画像処理.認識技術を用いた定量解析法の開発を目的としている.本稿では,今日までに取り扱った事例の中より速度解析,特定領域アライメント,線構造の検出の3つの事例を紹介し,それぞれに対する定量解析の提案手法及び実験結果について報告する.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(493), 67-72, 2014-03-13

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009862522
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10541106
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025414590
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ