遠隔多人数会話のための発話音源定位分散の効果 Effects of Distributed Auditory Localization for Remote Conversation by Multiple Participants

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 叶 ?
    • 筑波大学大学院図書館情報メディア研究科

抄録

ビデオ会議システムなどによる遠隔コミュニケーションの普及にも関わらず,その音声環境は現在でもモノラルまたは 2ch ステレオ程度であることが多い.しかし,多人数が遠隔から参加する場合に参加者の音声が同一スピーカを用いて再生されると聴き取りにくいと思われる.本研究では多人数会話における発話音源の定位を数箇所に分散させることの効果について実験的に検討した.同時発話時に認識できる単語数を測定したところ,母語,非母語に関わらず定位を分散させた方が聴き取りの成績がよく主観的にも効果的であること,少なくとも 1 名の話は聴き取れると期待できる同時話者人数の限界が 2 名から 3 名に向上することが分かった.

It is often the case that audio is more important than video in remote conversation. Yet most existing remote conversation systems still have simple audio units such as monaural or 2ch stereo output. This is different from face-to-face conversation where different voices come from different locations. Distributed location of multiple voices is considered to make the listening easier but has not been investigated enough. We studied the effects of distributed auditory localization of multiple voices in different locations and in different languages. As a result, it was found that distributed localization is effective in recognizing multiple voices regardless of the languages in both objective and subjective measures.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告. DCC, デジタルコンテンツクリエーション

    情報処理学会研究報告. DCC, デジタルコンテンツクリエーション 2015-DCC-9(41), 1-8, 2015-01-19

    一般社団法人情報処理学会

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009868074
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12628338
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ