ワラジムシ目の体内に生息する共生微生物の多様性と機能 Diversity and function of endosymbionts of isopods

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

地球上のほとんどの微生物は,栄養要求が複雑なため培養が困難だったり培養がほとんど不可能だったりする.分子生物学的技術の進歩により,人工培養せずに微生物の同定が可能になったことから,地球上に生息する微生物の多様性を明らかにするという,以前は不可能であった問題にも取り組めるようになってきた.このようなことから,多様な共生微生物を体内に住まわせている無脊椎動物にも興味が注がれている.ワラジムシ類は元々海洋に起源を持つが,多くの種(特にワラジムシ亜目)は陸上での生活に適応している.ほとんどの種が陸上で生活をする昆虫類に比べて,ワラジムシ類における共生微生物の研究はあまり十分にはなされていない.本稿では,ワラジムシの共生微生物について現在知られていることを紹介した.陸上への進出に共生微生物が関わったとする興味深い仮説もあり,今後の研究が期待される.

Majority of microbial species are fastidious because of their complex nutritional requirement or almost impossible to cultivate. In concert with the development of molecular techniques that allows identification of microorganisms without the need to cultivate them, growing attention has been paid to the diversity of microorganisms on this planet. In this context, invertebrates that provide peculiar habitat for various symbiotic microorganisms are of great interest. Isopods are considered to originate from marine environment but many of the isopod species, particularly those belonging to the suborder Oniscidea, are successfully inhabiting terrestrial environment. In contrast to insects, isopods are not well studied for their endosymbiotic microorganisms. Here, I review the current knowledge about the diversity of endosymbiotic microorganisms in isopods and try to encourage future studies.

収録刊行物

  • Edaphologia

    Edaphologia 95(0), 7-14, 2014

    日本土壌動物学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009872648
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00334874
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0389-1445
  • NDL 記事登録ID
    025927711
  • NDL 請求記号
    Z18-1362
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ