ビッグデータ時代のイシュー導出マネジメント : データサイエンス・アドベンチャー杯の事例研究 (特集 計量書誌学を超えて) A management method of an issue creating process in the big data era : A case study of Datascience Adventure Cup

この論文をさがす

著者

抄録

ビッグデータ時代に入り,ビジネス課題に対するデータ活用法(イシュー)を導出する方法論が企業では必要とされている。しかし,具体的なイシュー導出の過程や時間配分について記述している先行研究は殆どない.そこで本論文では,筆者等が参加し準優勝したデータサイエンス・アドベンチャーを事例とした事後分析に基づき,ビジネスにおける有用性及び実現性の高いイシューを導出する方法としてデータ・イシューサイクルを提案する。このサイクルは,探索期,調査期,調整期,実証期から成る。分析の結果,予測モデルの構築を行う実証期の日数は全体の1割以下であり,残り9割以上の時間はイシュー導出のための議論やデータの調査・加工を行う他3つの期間に割り当てられていたことが分かった。

In the big data era, companies require a management method to create a data application problem; we refer to this problem as an "issue". However, this method has not been studied well, especially in terms of a time scheduling of deriving the issue. In this paper, we propose "data-issue cycle" that creates an applicable and valuable issue. We show an actual time schedule of our activities in Datascience Adventure Cup, in which we got silver prize.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association

    情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association 64(12), 508-513, 2014

    社団法人情報科学技術協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009872677
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    025935319
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ