FPGAにおける複数の周波数特性を実現するためのリングオシレータ構成法の検討 (ディペンダブルコンピューティング デザインガイア2013 : VLSI設計の新しい大地) A Study on Design Structure of Ring Oscillators with Plural Frequency Characteristics in FPGAs

この論文をさがす

著者

抄録

FPGAは高信頼性システムを含めたさまざまな組込みシステムに利用されており,信頼性の確保が重要になっている.VLSIの信頼性確保の一手段として温度モニタを利用し,その実現方法としてリングオシレータを用いる手法が提案されている.その手法をFPGAで実現する場合,同じ論理であっても論理合成や配置配線の結果によって使用される回路や配線量が異なるため,配線遅延の制御が困難であり,温度モニタの推定精度がばらつく問題がある.FPGA上にリングオシレータを用いて温度推定を行うためには,リングオシレータ内のこの配線遅延のばらつきを抑える必要がある.本論文では,FPGAで高精度な温度モニタとして実現するため,FPGAの構造を利用したリングオシレータの構成法について検討を行う.

FPGAs are used in various embedded systems including highly reliable systems, therefore, it is important to ensure its reliability. Temperature monitors using ring oscillators are often used to guarantee the reliability of VLSIs; however, the estimation accuracy of the temparature monitors implemented in FPGAs will be varied much. This is because structures of wires and circuits, which depend on logic synthesis and layout, are different even if logic functions are same. Thus, reduction of wire delay variation of the ring oscillators is required.This paper discusses a design method of ring oscillators that suit to the FPGA structure to realize an accurate temperature monitor.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(321), 165-170, 2013-11-27

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009886242
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11645397
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025087644
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ