センサアレイシステムによる身体技能解析(感情とコミュニケーション及び一般) Motor Skill Analysis using a Sensor Array System

この論文をさがす

著者

抄録

人間の身体運動を計測するために,3軸加速度センサ,3軸ジャイロセンサを15mm角の基板に実装した小型センサユニットを最大20個同期計測できるセンサアレイシステムを製作した.この装置を用いて,モーションキャプチャでは直接計測することのできない角速度,加速度を3次元で計測する.人間の機構学的な自由度よりも冗長な数のセンサを用いて,リンク系の自由度の数および回転中心の推定などの分析を行うことを目的とする.このシステムの評価を行い,身体運動の分析に応用した例を紹介する.

To obtain a physical exercise data of human, we have developed a sensor array system that enable us to measure 20 sets of 3 axis acceleration and 3 axis angular velocity data synchronously. These data cannot be obtained by using motion capture system directly. The purpose of this paper is to develop a measurement system for analysis of the number of degree-of-freedom (DOF) and estimate the center of rotation of kinematic chain by using the more sensors than the number of human DOF. We evaluate this system and introduce an example of measurement and analysis of a physical skill.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎

    電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎 113(283), 37-40, 2013-11-02

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009889523
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487226
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025084946
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ