「うたかたの記」とドイツ美術界の動向について : ミュンヘン画壇の消息より "Utakata no ki" by Mori Ogai and Trends in the German Art World, with Special Reference to the Painters of Munich

この論文をさがす

抄録

「うたかたの記」は、画家を主人公とした芸術家小説である。ゆえに従来の研究では、西洋絵画史に関わる分析が積極的に為されてきた。だがその多くは、主人公のモデルである原田直次郎と森鴎外との交流をめぐって考察が進められており、鴎外自身が直面したドイツ美術界の動向と「うたかたの記」の関係については、依然として論究の余地が残されている。本論では、鴎外が滞在していた時期、ミュンヘンではまさにモダニズム芸術の勃興期にあたっていた点に着目し、官学派(アカデミー)が支配していた美術界の構造が大きく揺らぎ始めていた事実を論究する。若き鴎外を取り巻くこうした状況を明らかにしたうえで、あらためて「うたかたの記」を捉え直すと、アカデミーから離れようとする登場人物の動きが視界に入ってくる。その行先は「スタルンベルヒ」湖畔である。当時、実際にこの地では若き画家たちが結集し、新たな絵画表現を模索していた。本論は、こうした美術・文化史的な動性の中において、この小説を再検証する試みである。

"Utakata no ki" (A Sad Tale, 1890) is a story about an artist. Existing studies have analyzed the influence of the history of Western painting. They often focus on the exchange of ideas between Mori Ogai and Harada Naojiro, the model for the protagonist in the story. What needs to be addressed is what kind of trends in the German art world Ogai himself witnessed, and what role they played in the writing of "Utakata no ki." When Ogai was in Munich, the Modernist Art Movement was just erupting, and the existing structure of the art world, dominated by the Academy, was losing its hold. A clear understanding of these circumstances surrounding the young Ogai prompts the observation that the characters in "Utakata no ki" are trying to remove themselves from the Academy. Those characters all head off to Lake Starnberg. In fact, young painters in search of new forms of expression did gather in that very area. This article re-examines the story in the context of these artistic and cultural developments.

収録刊行物

  • 日本近代文学

    日本近代文学 90, 17-31, 2014-05

    日本近代文学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009896318
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00353904
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0549-3749
  • NDL 記事登録ID
    025508174
  • NDL 請求記号
    Z13-447
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ